CPA~Classic American Pale Ale~

2019.04.20 Saturday

0

     

    CRAFT BEER BASE Brewing Lab

    Beer Category 002

    CPA -Classic American Pale Ale-

    ●魅惑のカッパーカラー。古き良きアメリカンホップとカラメル感あるモルトのバランス

    C Hopsに代表されるカスケード、チヌーク、コロンビアなどアメリカンホップを使用

     

     

    CBB Brewing Labが定期的に挑戦している「American Pale Ale」というビアスタイル。イギリスで伝統的に造られているビアスタイル「Pale Ale」が元になり、アメリカンホップの華やかでフルーティな香りが付与された、現代クラフトビールの基礎的スタイルである。ブルワリーによって様々な味わいのAmerican Pale Aleがある中で、CBBの考える古典的なAmerican Pale Aleとは、アメリカンホップの香り・苦味と、カラメル麦芽の甘い香ばしさが調和した、毎日でも飲めるようなビールである。その典型はクラフトビアシーンのパイオニアSierra Nevada Brewingが設立当初から造る『Pale Ale』であると考え、我々も多分に影響を受けている。
     CBB Brewing Labにおいて、そのような古典的American Pale Aleの構造を分解し、関連する原料や発酵の理解に努めるために醸造するビールを、今後CPA (Classic American Pale Ale)としてカテゴライズすることとした。

    アメリカでクラフトビール創成期を作り上げてきたビールは、昨今のようなホップの使い方ではなかったと推測される。

    モルトとホップのバランスをミディアムでバランスをとり、未だ当初のレシピを引用するSierra Nevada Pale Aleに代表されるようにカスケードやチヌーク、ナゲットなど柑橘や松脂系のフレーヴァ―が特徴のホップを使用した。
    そのフレーヴァ―の方向性からモルト味のあるボディを起用したのはバランスの為でもあるだろう。

     

    クラフトビールシーンは日々進化をしている。原材料の品種開発、機材の発展、技術力の発達により様々な味わいをさらに打ち出していっている。
    だからこそ、「CPA」はこのクラフトビールシーンの立役者であるAmerican Pale Aleへ敬意を表し、また、創成期の製法や文化を垣間見るためのシリーズと位置付けて醸造を繰り返していきたい。

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする