Pete's Supports

2019.10.11 Friday

0

    Pete’s Supports」

    10月7日、ブルワリーでタンクの掃除をしていると、
    表のドア前で人影が。 

    彼は、アメリカのクラフトビールシーンを築きあ挙げてきたキーマンの一人。Pete’s Brewing Companyの創始者、Pete Slosberg氏だった。



     その2日前。長野県、松本市で開催されたInternational Beer Cupでお会いしたのがきっかけだった。同じテーブルで審査するということもなく、お話の機会もなかったのだが、一人の審査員から「ビーター氏が大阪にこの後訪問する予定らしい。どこかお勧めはあるかい?」大阪に来たいという方には勿論、大阪の良いところをお勧めしたい。地元魂は大事にしている。
     その流れで大阪の名所などをご紹介した。(今回は天神橋筋商店街!!)
     その後で、私の元にご挨拶にいらして下さった、という流れだ。

     たまたま醸造所は私一人。タンク洗浄しながら、ピーターご夫婦に私達のビールをティスティングして頂いた。
    ピーターは目を見張った。

    P:「これは、ここで造っているのかい??」

    和:「はいそうです。私達はまだ今年始まったばかりの新しい醸造所。日本では醸造技術を体得するための学校のような機関もありません。法律で自家醸造も禁止されている中、私達の様な造り手は学ぶところがないんです。それでも、(貴方がもちろん知ってい)るBrewers Association(アメリカ醸造協会)の著書を読んで私達は醸造をしているんです」

    P:「信じられない。このビールの様な綺麗で基本的(※モルト・ホップ・水・酵母でできるビール)なビールは今、アメリカでもなかなか見つからないよ。ホップ爆弾とフルーツの混ざったのばかりだ。こういうビールが恋しいね。」

    和「私達は歴史も重んじ、新しいものも取り入れる努力をしています。日本の古い言葉で古きを温め新しきを知るという言葉あります。どちらも大事と考えているのです」

     そんなやり取りから、打ち解け、様々な話をしてくださいました。

     彼の生み出した場メリカンブラウンエールの話、アメリカクラフトビールシーンの初期の初期の話。現代ビールへの所感。周りの若者に慕われるあまりのちょっと困ってる話も。

     

     「貴重」と思う、鳥肌の立つような瞬間を体感することがあるんです。今回もそう。

    穏やかな話し方のスピード、トーン、目の温かさ。

    何かを築き上げてきた方にしか感じない広い広いクリーンでストレートな世界が見えるんです。その生き様に。乗り越えてきたハードルが物語り、その上にあるクリーンな世界。

    ピーター氏にもそれを感じました。

     

     素晴らしいひと時をシェアさせていただきました。こんなことがあるのですね。

    今度はアメリカに来い、とのことでしたので、ぜひまたその時に。私がシェアできるものを携えていこう。

     壁に描いていただいた言葉。

     到底似つかわしくないけど。「遊び心を忘れんな!」くらいに受け取っておきます。



    「Pete’s Supports」お土産に頂いたビール。それでも、今回の彼から頂いた様々な言葉はわつぃのこれからの人生をまた支えるものばかりでした。ビールより、そちらがまさに「Pete’s Supports」やな、と感じました。

    International Beer Cup 2019に審査員として参加して参りました。

    2019.10.11 Friday

    0

      やっと、一息。



      さて。

      2019年10月3日から6日までになりますが、長野県松本で開催されましたInternational Beer Cupに審査員として参加して参りました。

      今年は弊社から、

      谷とBUD店長木村とseedで働いてくださっている小森さんの3名が参加です。

       


      所感といたしまして、

       私はかれこれ10年、審査員として携わらせていただいている中で、今回の審査が一番充実していたと感じました。

       エントリー数も1000を超え、クラフトビールシーンが盛り上がってきていることをひしひしと感じる中、審査員側も「熟れてきた」様に感じます。審査員も海外からほぼ70名、日本から30名強。専門知識は勿論、真摯でグローバルな視野をお持ちの方が増えてきたように感じた。テーブルキャプテンを任される回でもディスカッションの質の高さがとても印象的だった。いやぁ。楽しかったですね。

      今だに新しいビアスタイルに出会い、新たな感動にも出会います。地域性や歴史的発祥はオリジンでこそあれ、現代の技術においては様々なハードルを乗り越えてどこでも再現している。小さな醸造所から数え切れない“ゼロ”の数を重ねるような規模の醸造所であれ、同じ土俵で品質を競っている。ビールの質はもはや規模で語るものではない。

       今となっては私共も醸造所を小さいながら構える中、自分のビールの評価スキルの幅の広がり方を良い面で痛感した。初めて共通語の意味に触れた気がしました。この体験は自分にとってとても大きい。

       

       

       プラスだけではなかった。

      世界中で醸造所が急増している。とりわけ、日本を含むアジア圏の増加が顕著な時期に入った。その分、技術力の稚拙さ、若さなどを見受ける。ライト思考の参入者は十分な機材をそろえずに事業を始めているのだろうか。ビールとしてのテクニカルな部分からくるオフフレーヴァ―が目立った。

      海外のジャッジ達からは醸造所買収の話や規模拡大からの陰りなど様々なトピックでの会話が飛び交った。

       

       まだまだ、ビール産業は波が絶えない印象を受けた。ブームというファッション的なビビットさは品評会ではなかなかに評価されない。しかしながら「新し」くも、伝統をうまく取り入れてそれでいて理論的・芸術的に仕上げられたビールとはまた美しいものでもありました。

       

       毎回ながら、刺激を受けます。そして考えさせられ、来年までの課題を与えられたように感じるのです。Internattional Beer Cupという審査会と端的にとらえるでなく、この機会にお会いできる方々との会話の中で育て上げられてきたと言っても過言でない。まだまだスキルアップは当然の努力ではあるがしかしながら、やっと、自分という存在がビアジャッジにおいてプライドを持って席に就けるようになった気がする。

       

       

       もう一つ感じたことは、自分も中堅の年となって

      きたということ。 スキル面ではやっと引けを取らないような能力が身についてきたと体感している。が、次は「次世代」の良い見本となること。次回からは心に据えてトライしていこうと思います。先人たちは丁度親の世代。彼らからのバトンも準備されつつある気がしてならない。

      ビールを正しく判断できる人間を増やし、活躍の場を整えることこそ、素晴らしいビールの流通に繋がり、品質の保たれたビールを消費者に届けることが出来る。培ってきた技術や経験はシェアする方向で、より良いビール産業に繋げることこそが存在意義というものなのだろうと思うのです。

        

       今はまだ醸造についても始めたばかり。学ぶことしかない。これは、一生続く勉強であり、私にとっての興味の塊なのです。ビールを正しく知るためには造ることなしには理解できないことが沢山ある。時代は猛スピードで流れている。先人の既に培われた時間やスキルは莫大。だからこそ、このような機会に自分を立ち返る機会を与えてくれる審査会の存在はとても大きい。そして日々を目標に向かって充実させていくことで未来へ手が届くと思っている。

       

       

       今回のこのブログは自分のメモとしても残しておきたい。今回は考えること、感じたことが多かった。来年にはプラスにして、成長した自分として臨みたいものだ。

       

       

      フレッシュホップビールを飲もう。(リリースは10月10日です)

      2019.09.28 Saturday

      0

         

        CPA 004 / 005 飲み比べ企画

        フレッシュホップビールとは。

         

        今年参加している、フレッシュホップフェスト2019https://freshhop.jp/

        とれたてホップをホールのまま使用したビール、「フレッシュホップビール」を仕込みました。

        CRAFT BEER BASE Brewing Labとしては「じゃあ、その味わいってどんな違いがるの?」をシンプルに体感していただきたく、同じ製法・レシピで、いつも使用しているペレットホップを使用したビールを醸しました。

         

        さて、9月最終週のお披露目はCPA004 2C Pale Ale Perret Hop ver.でした。

        次回のそのフレッシュホップ版のリリースに先駆けて、フレッシュホップ仕込のあらすじをご紹介いたします。

         

        今回使用した国産フレッシュホップは京都・与謝野産です。

        CRAFT BEER BASEはこの与謝野のホップ栽培が始まった年からその様子を毎年見学させていただき、また、その成長ぶりや苦悩も共に見せていただいてきました。写真は与謝野ホップ普及の中心人物、日本ビアジャーナリスト協会会長の藤原ヒロユキさんです。
        国産ホップを生産することで日本ならではの個性あるビールを醸せるように。その想いは年々形になっていているように見受けています。

         

        2018年まではその収獲したてのホップを使用したフレッシュホップビールをビアパブとして醸造所から譲り受け、お披露目・大阪会場としてもこの活動に関わってきました。

         

        2019年、私達は自分達の醸造所を持ったことで今度は「造り手」としてこの活動に参加することを決心したのです。与謝野のホップ農家の皆様からも二つ返事で使用の許可を頂き醸造へとつながったのです。

         

        では、生のホップってどうやって使用するのでしょう?

        通常、醸造では保存・使い勝手をよくしたペレット状の加工品が使用されます。

         

        生のホップはペレットに比べて3.5~4倍の水分量を豊富に含んでいます。
        しかしながら醸造で重視される「ルプリン」の量は一つのホップの中に含まれる量は変わらない。よって、重量計算からすると通常の計算より4倍を使用するよう計算し直す必要があります。また、今まで使用してきたことがない私達はいつもより菌感染のリスクやその他成分のビールへの影響を危険視して80℃以上の麦汁にしかホップが触れないようにレシピを設計したのです。それでも、ホップのアロマ・フレーヴァ―が出来る限り抽出できるようにと小さな工夫を重ねました。

        例えば

        ●ホップを全て一つ一つ崩してルプリンを露出させて抽出しやすくする

        ●渋みを抑えるために繊維をなるべく壊さないようにホップをほぐす

        ●ボイル後、ワールプールで蛋白などを除去してから80度まで熱交換機を通じて温度を下げて、ロイタータンに準備したホップの上にビールを戻し、ホップアロマを抽出する。

        などなど。

         

        なにせ。。。。ホップをほぐすのに阿部と二人で黙々と2時間半かかりました。。。。

        来年はBBQでもしながら、お手伝いしてくださる方を募ってフレッシュホップビールを仕込もうと話しながら、心折れそうになるのをどうにか乗り越えたのでした。。。。

         

        いや。ホント、大変でした。

         

        (使用前:ほぐしたホップでLTがいっぱい。フレッシュなホップの香りが醸造所に立ち込めます。)

         

        (使用後:85℃の麦汁に浸した後。熱により茶色っぽく色合いが変化。それでもいい匂い!)

         

        次回、CPA005フレッシュホップver.のリリースです。

        是非CPA004 Perret Hop ver.とご一緒にお試しくださいませ。

        並べて飲むもよし、混ぜて飲むもよし。

         

        Brewing Labならではの企画、ぜひお楽しみください。

         

         

         

        フレッシュホップ

         

        採取から1週間以内に使用されるホップを使用したビールに使用される、または熱乾燥していないホップを使用したビール、など定義は定かでないようだ。

        日本のフレッシュホップフェストの規定はフレッシュホップとは「収穫してから24時間以内〜」という時間的な縛りではなく、「熱乾燥をしてない」ことこそが重要。とのことです。

        https://freshhop.jp/faq

        「混ぜるビール」を終えて。

        2019.09.27 Friday

        0

          大変遅くなりましたが、Brewing Lab初イベント、「混ぜるビール」@ヒビノビアスタンド

           

           

          9月21日に無事終了しました。
           

          現代、日本のクラフトビールシーンで「ビールを混ぜる」ということは気になるけれども遠い存在、タブーのように感じます。実際自分達が造り手の立場にならなければ一生立ち入らなかったかもしれません。
           

          今回のイベントは阿部の一言から始まりました。

          「僕たちが作ったビールなら、混ぜるためのビールを醸すなら、そこからまた何か新しいものが見えるんじゃないですかね。」

           実はビールを混ぜる、ということはもとより歴史的にあるのです。ベルギーのランビックも、フランダースオールドレッドも「混ぜる」ことで味わいの調整を図ります。今や世界に名を響き渡らすアメリカのクラフトビールシーンで生まれたハイアルコールバレルエイジも基本的にはブレンドです。味わいを整えて新たなフレーヴァ―の可能性に迫るということに実は寛容である。しかしながら醸造所を越えてら消費までの間で「混ぜること」は神域に踏み入れるような感覚を覚えてしまう。

          今回のイベントはその考えに新たな可能性や体験が期待されること、実は醸造家の間やドイツのような歴史的にもビールとのつながりの強い国でも「混ぜる」ということが日常的に行われているという事実を知って頂けるきっかけとなれば、と一石を投じることのしたのです。Brewing Lab初めてのイベントでこのテーマを選んだのは偶然なのか、それともそういう時期だったのか。私達にとっては、お披露目、タップテイクという形式だったものだけに留まらず、今回のイベントを快く受け入れてくださったヒビノビアスタンドのオーナー、株式会社喜色満面堂社長の西尾氏の協力の下、「これぞコラボレーションイベント」だと言える企画に仕上がった。

           

           実際、イベントを開催して感じたことは、やはり「賛否両論」であったこと。

           抵抗がなかったわけではない。

           しかしながら、西尾氏から生み出されるビアカクテルのどれもが目からウロコの体験で、後悔は何もなく、得たものの多さの方に浸った一週間でした。

          感想としては当初より期待した結果を上回る感動があったのですが、期待したことの一つが「ビールの4つの原材料で醸し、現存するスタイルだけでなくもっと違う視点からクラフトビールのフレーヴァ―について立ち返る」こと。世界中にある酒、ジン・ウィスキー・醸造酒・リキュールにしても様々なフレーヴァ―がある。国が変わるとその特徴が出る。醸造所でもレシピによって変わる。改めて酒の世界の広さを感じると同時にそれをビールと混ぜることでまるで異国を旅するかのようなドキドキがあるのです。

           新しいその味わいとの出会いには、それでも脳を働かせると懐かしさを感じる親近なフレーヴァ―に落とし込むことが出来たのです。

           例えば、西尾さんは様々なカクテルにフルーツジュースを加えていました。オレンジやグレープフルーツ、パッションフルーツ、桃、メロン。全てホップでそのフレーヴァ―を表現することが出来る。代用が出来る。ハーブのニュアンスももちろんホップが包括することが出来る。

          スコッチにあるスモーキーな味わいや花のような清楚なフラワリーさ、キャンディっぽさや、パイナップルやバナナも酵母からの香りで表現できる。麦芽からは麦らしい味わいだけでなく、ロースト加減からもカラメルやトースト、ナッツ、チョコレート、コーヒー、醤油っぽさまでも表現ができる。

           ビールと向かい合っているだけでは思いつかなかった味わいの構成をカクテルにすることで再確認し、その味わいをいかにビールで表現することが可能かを模索する。

          カクテルからの思考の逆回転。そこからの可能性をまた西尾さんにオーダーすることで疑似体験する。イベントの間はそのことに初期から気付いて反復作業のようにオーダーを重ねていました。

           やはり。素晴らしい経験だったのです。

           

          さて。ここからです。

          その体験をいかに活かすか。ビールのレシピ構成に反映させることが出来るか。津木菟ストーリー。経験が無駄じゃないことをいつかお話しできればと思います。

           

           

          また、「混ぜるビール」開催したい。もっと様々な味わいと出会ってみたい。

          この文化は人生にもしかしたらもっと広がりを与えてくれるかもしれない。

           

          思いあぐねているならば、行動してみる。勇気は必要だが、得るものが必ずある。

           

          この場をお借りして、株式会社喜色満面堂、西尾氏に感謝を申し上げます。

          素敵な経験をありがとうございました。また、私達の初陣をこんなに素敵に飾って頂けたことは一生忘れない宝物になりました(^^♪

          ありがとうございます。

          そして、これからも宜しくお願い申し上げます。

           

          ご参加いただけました皆様。ありがとうございました。今後もご期待くださいませ。

           

          さて。今日もまた頑張りますか。

           

          「混ぜる」について。No.3

          2019.09.03 Tuesday

          0

            「混ぜる」について。No.3

             

            西尾圭司氏

            株式会社喜色満面堂 代表取締役

            現在はeni-bruを始め、ヒビノビアクラフトビアキッチン&ストア、ヒビノビアスタンドとクラフトビールに特化したビアパブ、酒屋をされています。
            私達CRAFT BEER BASEがオープンする前から大阪でクラフトビールをメインに掲げる店舗を経営しておられ、CBB谷にとっても頼れる大先輩であり、何かとご一緒させていただいています。

             関西のクラフトビールシーンの父のような存在である彼は、それと同時に超ベテランのバーテンダーでもあります。

             今回このQS001を仕込み、他ジャンルの酒との融合を考えたときに、一番に顔が浮かんだのは西尾さんでした。いや、西尾さんしか浮かばなかったのです。

             

            そうとなれば行動。これはCBB谷の得意技。すぐに西尾さんに連絡です。

            西尾さんの返答はこうでした。「面白そうやな。」

            しかしながら、CRAFT BEER BASEにとって、ビールに何かを加えることはタブーであり、だからこそ、この企画はとてもセンシティブ。先ずは一度飲んで頂きたい。私達のその想いも在り方もやはり直接伝えたい。そう思い阿部と共にビール仕込終了後、急いでなかもずのヒビノビアスタンドまで出来立てのQSをグラウラーに詰めて持って行ったのです。(営業中にすみませんでした。。。)

            私達のこのドギマギとも、モヤモヤともとれる感情を西尾さんは瞬時にとらえてくださいました。

            水筒から少し気の抜けたQSを口に含んでから、おもむろにシェーカーを振り始めてくださったのです。私達が造り手であることを意識してくださり、ビールに氷を加えるときにも、「ごめんやで」と一言。

             

            ここからは当日の作品に取っておきましょう。

            試作でその時体験したのは6~7種類のビアカクテル。

            想像以上に驚きと発見に溢れていました。私達の想う「ビールを違う視点に置き、新たな一面を模索する」ことに、西尾さんは最適でした。

            他の酒への知識、ブレンドの熟練度、カクテルとして仕上げる味覚とセンス。しかも、ビールも熟知しているのでベースとするQSが全てに活きていたのです。

            面白いものです。これがプロなのでしょう。「混ぜる」ことにも敬意を感じ、出来上がった作品はまさに「コラボレーションビール」だったのです。

             

            当日は私達もまだ出会っていないカクテルがきっと沢山出てくるのでしょうね。

            「混ぜるビール」

            この機会に是非新しい視点をお楽しみくださいませ。

             

             

            https://www.facebook.com/events/1317787235044532/

            イベント名 「混ぜるビール」
            日時 2019年9月21日(土曜日)
            時間 18:00~23:00
            会場 ヒビノビアスタンド
               堺市北区中百舌鳥町2−71 イルグランディ1F
            御堂筋なかもず駅徒歩3分

            同時開催 「CRAFT BEER BASE Brewing Lab 5Tap TAPTAKEOVER」

             

             

             

            「混ぜる」について。No.2

            2019.08.31 Saturday

            0

              Brewing Lab 初!! TAP TAKEOVER!!!@ヒビノビアスタンド
              イベント情報はこちら。 https://www.facebook.com/events/1317787235044532/

               

               

              「混ぜる」について。No.2

               

              88日にリリースをしたQS

              このビールを醸すことが決まった時にはもう既に「混ぜる」ということを期待せずにはいられなかった。出来上がって提供までは醸造所内で阿部と一緒に様々なシロップを混ぜてみた。

              私達が思い描いたのは先ずは伝統の再現でした。

              そう、ラズベリーシロップとクルマバソウシロップ。

              実際に弊社スタッフでベルリンに行ったことがある人間がいません。そして、現地でこのビールに触れたこともない。うっすらと記憶に残るのは10数年前に輸入されていたキンドルヴァイセというビールだ。現地のものはこれしか口にしたことなく、社内でも私のみがそれを体験している。
              どうしようもなく酸味が強く、そりゃシロップいるよね。って思った記憶があります。

               さて、今回のQSは、というと、いわゆるとても綺麗に醸された乳酸発酵ビール。現代のクラフトビール業界の解釈により生み出されたものであるかもしれないがとてもよく出来たと自負している。酸度も高すぎず、心地よく飲むことが出来るドリンカビリティも高いものに仕上がっている。

              ここにシロップを加える。先ずは「混ぜること」が伝統的であることを知って頂くために、醸造所を併設するCRAFT BEER BASE gardenではこの「赤」と「緑」のシロップを加えることにこだわった。

              ラズベリーは比較的手に入りやすかった。

              しかし、いくら探してもクルマバソウシロップにはたどり着けなかった。

              日本でも群生しているらしいと聞いて、スタッフ数人は各々山へと赴いた。

              結果は、、、見つからず。。。

              ミントシロップで代用。

              現在は「文化」の一部として楽しんでくださるお客様が多いのを見うけている。作戦は何しか、成功と言っていいと思う。

              そして、国産ビールに特化したCRAFT BEER BASE BRANCHではスタッフ自作で梅・紫蘇・プラムのシロップを仕込み、提供しています。
              「混ぜるためのビール」を伝統を通じて進化させていく。そこに味わいの可能性を垣間見ることを期待するようになっていったのです。

               

               Brewing Labのメンバーは現在2名。私、谷と阿部。今はもう阿部が中心となってレシピ作りから醸造作業を行っています。
               阿部の頭の中は「新しい味わい」への探求心に満ちていました。

               身近にあるシロップやリキュール、酒類、スパイス、調味料をブレンドし、QSに加えてみる。思い描くビールの別スタイルの再現や新たな味わいを生み出そうとしてみたのです。が。ここには限界がありました。
              CRAFT BEER BASEのメンバーには元来「造り手の想いをそのままお客様の笑顔へ」というモットーの通り、「混ぜる」ことに時間も経験も割いてこなかった。

              圧倒的に他種お酒に対してビール程の知識がない。

              「混ぜる」をカクテルと位置付けたとしてもそのバランスや味の構成を知らない私達は途方に暮れるしかなかったのです。

               その時に出た言葉が

              「西尾さんにお願いしてみようよ。」でした。

              次回に続く

              「混ぜる」について。No.1

              2019.08.30 Friday

              0

                 

                Brewing Lab 初!! TAP TAKEOVER!!!@ヒビノビアスタンド
                イベント情報はこちら。 https://www.facebook.com/events/1317787235044532/

                 

                 

                「混ぜる」について。No.1

                 

                醸造開始からおよそ10カ月。私達が初めて醸造家としてイベントを開催することとなりました。

                今回のパートナーは、堺市中百舌鳥にある「ヒビノビアスタンド」です。

                eni-bruを始め、堺市内に3店舗を構える株式会社喜色満面堂。

                その代表の西尾圭司さんは私達にとっても心から尊敬する大先輩です。

                 

                お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、CRAFT BEER BASE gardenは西尾さんからDig Beer baRを譲り受けて私達が展開しています。

                そして、私達Brewing Labの初イベントとなる今回の企画は何かの糸で結ばれたような企画となるのではと思わずにはいられません。縁というものは存在するのでしょう。

                 

                2019年8月初旬リリースで私達が醸したのは「ベルリーナヴァイセ」QS001(以後QS)です。

                このビアスタイルは名の通り、ドイツ・ベルリンで伝統的に造られる乳酸発酵を組み込んだビールです。

                乳酸由来の酸味が強く、どうもそのままでは飲むに喉を通らない。そこで、提供するお店がシロップを加えて飲みやすく提供したとのこと。現在もベルリーナヴァイセは現地で赤(ラズベリーシロップ)または緑(クルマバソウシロップ)を加えて飲まれています。

                ビール純粋令というドイツには製造する上でのルールがあります。

                それだからこそなのか、伝統的にもビアパブでカクテル的に手を加えて提供をしてきた経緯があります。レモネードを加えるラドーラなどがその部類ですよね。ビールの4つの主原材料では表せられない味わいを自由に楽しむ。

                この文化がビールに対して発祥をもち、厳格なまでの法律のあるドイツでビールそのものを愛するだけでなく、消費者としてビールに何かを加えて楽しむということが伝統的に受け入れられているという事実が当たり前のことであるにもかかわらず現代のクラフトビールシーンにおいて犯してはいけない領域のように存在しているのではないでしょうか。

                 

                私達CRAFT BEER BASEは「造り手の想いをお客様の笑顔へ」をモットーにかかげ、ビールを正しく広め、美味しい状態で皆様にお届けすることを存在意義とするチームです。

                この私達の在り方として、造り手の想いのこもったビールに何かを加えて形を変えるという行為はタブーとしてきました。そしてこれからもこのルールを崩すことはCRAFT BEER BASEにとっては推奨することはありません。
                しかしながら、「混ぜることを前提として醸すビール」に対して今まででは体験できなかった一面を期待し、ビールの更なる可能性を模索できるきっかけがそこにはあるかもしれない。そう思うと好奇心を止めることが出来なくなるのです。

                むやみやたらでなく、それでも試してみたい。

                 

                この思いが今回の企画の原点です。

                 

                次回に続く。
                 

                半年たってそろそろと。

                2019.07.25 Thursday

                0

                  こんにちは。

                  久々すぎる投稿のうちにCBB Brewing Lab開始から半年が経ちました。
                  正確には丸っと8カ月。
                  通算で32回目の醸造を昨日終えました。
                  なんと。。。中途半端な更新でしょうか。。
                  と言いつつも、イベント出店も怒涛でした。
                  Brewing Labだけでなく、CRAFT BEER BASEとしてもオファーがかかります。ありがたいお話です。
                  Brewing Labとしてもイベントの出店を増やしてまいりたいと思っておりますので、もしイベント主催者の目に留まりますようでしたらご連絡くださいますと嬉しいです。
                  喜んで出ます。
                  まだまだ名の通らない弱小者ですが、日々の努力が必要だなと最近感じております。しみじみ。。。
                  さて、ビールは、と言いますと、
                  何となく、それなりに改善が繰り返され、お勧めできるビールが出てきています。
                  勿論まだまだこれからのチャレンジにもご期待頂ければ嬉しいのですが、何かと表に出ていこうかなと思い始めています。
                  私達らしく、ビールに実直に。好奇心をたっぷり載せてこれからも造って行ければいいなと思っている次第です。
                  実は、追加で発注していました樽がそろそろ届くようです。
                  そうすればもう少しビールを造ることが出来ますし、近くのビアパブや飲食店の方々にもお声かけできるようになるんではないかと思っております。
                  ステップ バイ ステップ。
                  皆様のもう少しそばに一歩一歩歩み寄らせていただければ嬉しいです。

                  Maui Brewing よりGarrett Marerroさんご来店くださいました。

                  2019.06.15 Saturday

                  0

                    2019年6月5日

                     

                    ハワイ、マウイブルーイングより、創業者のお一人で、
                    アメリカにある Brewers Associationの理事も務める、Garrett MarreroさんがCBBへお越しくださいました。

                     


                     

                    Garrettさんにお会いすることは初めてでしたが、

                    明るく、「快活」という言葉がぴったりくる素敵な方です。
                    CBBには、Brewing LabはじめBASE,BRANCHへもご案内。

                    そしてBUDにてお客様との交流パーティも!


                    このブログを谷の記録として書くならば、

                    その3軒を回りながら
                    日本のビールの流通について、

                    私達の醸造の現状や、日本において醸造知識を身に着けるという難易さも、

                    そしてこれからの私達が求める未来と進む道について話をしました。

                    日本でビールをもっと広めていきたいということ。

                    そのことに貢献する様に成長していきたいということ。
                    それは

                    消費者への更なるアプローチ/認知度の拡大

                    醸造技術の共有またはその教育機関の必要性

                    流通意識の改善とシェルフライフ延長を目的とする技術発展
                    飲食店への取り扱い技術の向上/セミナーなどの開催、品質認定機関の必要性とその浸透

                    簡単に挙げてこの様な模様があるのです。


                    マウイブルーイングの立ち上げから今に至るまで、様々な工夫、努力、経験、成長をなし得てきたからのGarrettさんのアドヴァイスはとても親身で的確に響いてきました。

                     

                     

                    マウイのビールは基本に忠実な骨格に、ハワイならではの副産物を取り入れたうえで、素晴らしい味わいを生み出すものが多いです。
                    現地に行くと30種類以上の彼らのオリジナルビールが楽しめるらしいですよ!!

                    今後もお互いに助け合っていこう、発展していこう。
                    そういって握手を交わしました。

                     

                    また、忘れられない経験と、深い敬意を抱くことのできる方に出会えたことにとても嬉しく思います。

                    たまにあるこの高揚する感覚は

                    私の人生の経験上、大事にするべきキラキラしたものだと、直感が語り掛ける。


                    Kamau!!
                    ハワイでは乾杯の時に使われる言葉らしい。
                    乾杯は一人ではできない。誰かといること、誰かの幸せを願って乾杯をするそうです。

                     

                    いつもたくさんの方々の笑顔であふれる毎日でありますように。

                     

                    Sierra Nevada Brewing よりSteve Grossman氏 ご来店

                    2019.05.30 Thursday

                    0

                      人と人とのつながりを大切にする。
                      クラフトビールの流行は流れが速い。
                      良いものを作ってもね。


                      2019年5月23日。

                      アメリカ、Sierra Nevada Brewing よりCo-FounderでBrand AmbassadorのSteve GrossmanさんがCRAFT BEER BASEまでお越しくださいました。
                      Steveさんがお越しくださいますのは3度目になります。
                      Sierra Nevadaの存在は私にとって、CRAFT BEER BASEにとっても、特別な存在です。

                      アメリカのクラフトビールシーンを作り上げてきたビールに「Sierra Nevada Pale Ale」を上げないわけにはいかない。
                      このペールエールの存在こそが私達の心を動かした。

                       


                      2015年、CRAFT BEER BASE BUDをオープンした時、Sierra Nevada Pale Aleは私達のハウスエールとして存在した。
                      毎日、ティスティングをし、毎日そのビールを楽しむ方々の笑顔に出会えた。
                      決して派手なビールではない。
                      なのに、毎日飲んでも飲み飽きず、確かなまでの存在感を放つこのビールはアメリカのクラフトビールの歴史を作ってきた威厳があった。
                      何度も飲んでいたはずなのに出勤一番のティスティングで度肝を抜かされるくらいうまいと感じることが多々あった。仕事終わりに飲みたい一杯に何度も選んだ。

                       

                      クラフトビールの世界は新しいビールが押し寄せるかのようにリリースされる。
                      Sierra Nevada Pale Ale に出会って思ったことは、「美味いものは色褪せず、やはり感動するほど美味い。」ということだった。本物とはこういう存在を言うのだろう。

                       

                       

                      Steveさんはその歩みをずっと支えてきた大黒柱の一人。
                      この現代におけるクラフトビールシーンは彼らなしには成り立たなかっただろうと私達は見ている。

                      そんな彼は日本にSierra Nevada Brewing のビールが輸入されるようになってから必ず毎年視察に訪れている。

                      2015年に初めてお会いした時、私が大阪サイドの主催を務めた「American Craft Beer Experience」にて、ビールの品質管理に関するセミナーを受け持っていただいた。
                      ビールの品質を守ること、高品質のビールをいかに生み出すかも。

                      私はその頃は常に必死で、会の成功のみに集中していた。コンセプトは決まっていたものの、今思えば稚拙な部分も多々あった。
                      その時の私に彼は言った。

                      「君が主催したセミナーとこの会はとても良い機会になった。お客様にも、醸造家にも、この業界に関わる同業者にも。大きな一歩を踏み出したね。でも、この活動は続けないと意味がない。頑張りなさい。」

                      その言葉が大きく私の胸に響いた。

                       

                      それから、Steveさんは機会があれば大阪へ立ち寄って下さり、私達の元を訪れてくださった。
                      その度に再確認する。「正しい味わいのビールを広めるための活動は、彼に言われたように続けていられているか?去年の私より、昨日の私より、成長しているか?」

                      2015年より何が変わったか?
                      私の4年間はこう告げます。
                       正しいことを伝えるということは一人ではできない。叶わない。だからこそ、想いを共有できる仲間が必要だ。と。自分とは違った才能と、同じ情熱ある人間に理解を得ること。共にクラフトビールを広めてもらうこと。

                      今はそのためにも、自分自身を磨く毎日だ。スキルも、人間性も、見識も。

                       



                      今回、またSteveさんは心に残る、考えさせられる言葉をくださった。
                      「クラフトビールの流行の流れは速い。情報のスピードと共に流れて行ってしまう。
                      良いビールを造ったとしても、ともすればすぐにお客様に忘れ去られてしまう。
                      だからこそ、パブを回って、お客様と交流を持つこと。
                      自分達のビールをより理解していただき、好きになってもらうきっかけを作っていきたい。」
                      そう言って、私達の店舗でお客様へ滞在中ずっと語り掛けていた。
                      存在と、会社の規模が大きくなっても、クラフトビールはお客様やクライアントに直接会って言葉として伝えること、人と人との関係を大事にしたい、とコミュニケーションを取っている彼を見て、とても感銘を受けた。

                       

                      より、Sierra Nevada Brewing を、Steveさんを好きになったことは言うまでもありません。

                      私達の醸造は始まったばかり。
                      今はまだ苦労や悔しさ、もどかしさの毎日。

                      やりがいも、いつか感じるであろう達成感も、お客様からの声もまだ彼方の存在のように感じている。それでも、彼らの素晴らしいビールをとても良い状態で飲める幸せと、実際のSteveさんの言葉を胸に、これからも日々醸造に、そして、素晴らしいビールを正しく伝えることに真摯に向かいあい、いつか形にできるよう一歩一歩進んで行こうと思う。

                      いつもいつも、沢山の方々の励ましやアドヴァイス、素晴らしい生き方に影響を受け、自分達の襟を正す機会を頂けていることに感謝が尽きません。
                      そして今回も。

                       



                      Steve Grossman

                      やはり、敬意の尽きない素晴らしい方でした。そして、チャーミングで優しい方です。

                      目指すべき素晴らしい方がいるということは、人生にとって何にも代えがたい宝物ですね。

                       



                      明日、また頑張ろう。
                      そう思える一日を、ありがとうございました。